月刊社労士5月号

月刊 社労士5月号が届きました。

記事に第16回特別研修のお知らせ(予告)が掲載されていましたビックリマーク

この特別研修というのは、社会保険労務士が総時間63.5時間の研修を受け、

修了したら、紛争解決手続代理業務試験を受験できるというものです。

社労士➡特別研修➡修了➡紛争解決手続代理業務試験➡合格➡付記(どこかで見たえー

てな感じで、特定社会保険労務士なれるそうですキラキラ

【研修のカリキュラム】

中央発信講義(30.5時間)・・・法律講義

グループ研修(18時間)・・・約10名1グループで申請書及び答弁書作成

ゼミナール(15時間)・・・弁護士による講義

このような感じだそうです。

今年から中央発信講義がeラーニング形式に変更なっていて、ビックリしましたが

コロナの影響でしょうねタラー

受講料が85,000円となかなかのお値段ですが・・・札束

挑戦する価値はあるかなとウインク

来月に受講の詳細案内が出るみたいですので、仕事と家の日程調整をしてみます。

予告が出たということは、決まりなんでしょうかね。やはり他の試験と同じで心配ですがガーン

このブログを見た人と、一緒に受講できたら楽しそうですね(笑)

たぶん愛知県です口笛

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)