社労士試験 試験科目免除指定講習

月刊社労士7月号に「社労士試験 試験科目免除指定講習」の募集案内が

掲載されていました。

ネットなどの情報に、この試験科目免除指定講習の情報があまりないので、

この機会に紹介したいと思います!

この講習(通信指導6ヶ月・面接指導1科目18時間)を受けて、国家試験に準じた

修了試験を受け、良好な成績を修めたら科目免除されるそうです。

要するに課題提出と講義と科目別試験(選択式&択一式)ですねウインク

対象者は、労働社会保険法令事務の従事期間が通算して15年以上で、

社労士事務所の補助者や健康保険組合などの役員や従業員です。

なかなかハードルは高いかな(笑)

【免除科目】

労働者災害補償保険法 

雇用保険法

労働保険徴収法

(3科目のうち選択により2科目免除)

厚生年金保険法 

国民年金法

(2科目のうち選択により1科目免除)

労働・社会保険一般常識

(本講習の受講・修了により免除)

と、最大4科目が免除されます乙女のトキメキ

【令和元年度修了者率:参考】

労働者災害補償保険法 77.3%

雇用保険法 56.5%

労働保険徴収法 66.6%

厚生年金保険法 38.8%

国民年金法 58.3%

労働・社会保険一般常識 57.3%

経験豊富な方が受けているのに意外と難しいみたいですねびっくり

補足ですが、この科目免除を受けても選択式5点、択一式10点を

加算されるわけではなく、合格基準を基に加算されるそうですアセアセ

(選択式:約3点、択一式:約6点)

ということは、得意科目では使わない方が良いとかもありますねハッ

一般常識はありですねニヤリ

ま、今日はあまりにもネットに情報がなかった「社労士試験 試験科目免除指定講習」

についてでした。

【全国社会保険労務士会連合会】

https://www.shakaihokenroumushi.jp/Portals/0/doc/nsec/kenshuu/2020/200702_R02_jyukouannai.pdf

読み物程度で口笛

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です