乗り越えたい!選択式問題

先日、当ブログで社労士試験の体験談をいただきました友人の

山田さんから私の体験談も聞きたいとお話をいただきましたので

今回は自分自身の体験談のお話をしたいと思いますウインク

特に多くの受験生の鬼門である「選択式」についてタラー

社労士試験において、勉強が進んでいる受験生は択一式は

点数が取れるんだけど、選択式のあと1点で不合格という方も多い

と思います。

選択式問題は、こんなにも試験範囲の広い社労士試験において、

どこから出題されるのかわからない、しかも数問しか・・・

対策なんてと取れないと思っていました爆弾

【過去の対策】

1年目は、10年過去問やる程度→撃沈ドクロ(お話にならないくらい)

2年目は、過去問と予想問題→まぐれでクリア

3年目は、過去問と予想問題→2科目も足切りあせる

2年目でクリアしたことにより、3年目はなめてかかっていました。

4年目に一度考え直し、なかなか対策が取れないなら、択一問題を

解くときに、この択一式問題が選択式に出されたら、どこが抜かれるか

と思いながら勝手に想像しながら解いていました!

そうすることで、結果的に選択式対策になったと思います。

名付けて「The妄想勉強法」ですニヤリ

(もちろん多くの問題を解くのは絶対です!)

偉そうにお話しましたが最後にひとつ言わせて下さい。

合格した令和元年度の私の結果なんですが、社会一般2点と足切り回避でした・・・口笛

すいませんアセアセ

【選択式】

労基4点、労災5点、雇用5点、労一4点、社一2点、健保5点、厚年5点、国年4点

合格祝いですルンルン見たとき複雑な気持ちになりました(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です