魔法の語呂

社労士試験において、安衛法の世間のイメージは・・・

出題数(選択2問、択一3問)から、そんなに勉強時間を掛けることもできない。

数字や専門用語で難しい。

正直面白くない。

などなど、マイナスなイメージの方が多いかと思いますガーン

昨年まで予備校に行ってましたが、安衛法めっちゃ得意!どんな科目より大好き!

という方は聞いたことありませんでしたし(笑)

この科目は私自身の勉強方法もポイントを絞って勉強しました鉛筆

そして、いまだに頭から離れない魔法の語呂がありまして、今回はそれを紹介します。

(これは講師から教えてもらえたか友人かメジャーなものかは、もはや不明汗

初学者用です!

それとは「運送屋の林清は健康だ」です。

テキストの最初の方に出てくると思いますが、総括安全衛生管理者、安全管理者、

衛生管理者、産業医など、特に初学者はぐっちゃになる箇所だと思います。

ここで、魔法の語呂を使います!

「運送屋の林清は健康だ」

「運送業・林業・清掃業・建設業・鉱業」です。

事業者には各職に選任義務がありまして、

総括安全衛生管理者・・・「運送屋の林清は健康だ」の100人以上

安全管理者・・・「運送屋の林清は健康だ」+「一定の危険業務」の50人以上

衛生管理者・・・50人以上

産業医・・・50人以上

※産業医「1,000人超えたら専任だ」もついでに紹介。

これにあとの事項を付け足したりして覚えました。

安衛法は、そんなに時間を掛けることができないので、過去問の出題箇所と改正点を

中心にポイントを絞って勉強すると良いと思います。

なんとかなります乙女のトキメキ

私の昨年の安衛法択一式は、なんと3点でしたよ口笛

自己採点でしたから多分ですけどね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

前の記事

ホタル