ちょいマイナーかな。就業促進定着手当

本日は、雇用保険の就業促進定着手当についてです。

なぜいきなりこれかと申しますとビックリマーク

昨年11月に中途入社した後輩職員から就業促進定着手当を申請するので

事業者証明が欲しいとのことでした。

最初は、「ん?お、おう」でしたアセアセ

すっかり忘れてますね・・・

受験生の皆様は、もう完璧ですよね?ウインク

一応、説明です。

「就業促進定着手当」とは、

再就職手当の支給を受けた方で、再就職先に6か月以上雇用され、

再就職先での6か月間の賃金が、離職前の賃金よりも低い場合に、

基本手当の支給残日数の40%(※)を上限 として、低下した賃金の

6か月分を支給するものです。

 ※再就職手当の給付率が70%の場合は、30%

https://www.hellowork.mhlw.go.jp/doc/syuugyousokushin.pdf#search=’%E9%9B%87%E7%94%A8%E4%BF%9D%E9%99%BA+%E5%B0%B1%E6%A5%AD%E4%BF%83%E9%80%B2%E6%89%8B%E5%BD%93′

よく読むと記憶が戻ってきました乙女のトキメキ

参考ですが、こんな感じで覚えましたよ!

A氏:早く就職して再就職手当を70%を貰えて良かった。

しかも6ヶ月後に就業促進定着手当30%貰えるんだ。

B氏:私は再就職決まるのが遅くて再就職手当60%だった。

6ヶ月後の就業促進定着手当40%でした。

え?結局100%やん!!

国の腹は痛まないな。うまく制度を作りましたねとニヤリ

コレあくまで読み物ですからね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)