紛争解決手続代理業務試験 終了!

今日はウインクあいちで「第16回 紛争解決手続代理業務試験」を受けてきました鉛筆

この試験に合格すれば、特定社会保険労務士になることができます!

私自身の試験の手応えというと・・・

あ、その前にニヤリ

この試験は社労士として登録し、特別研修を受講して修了した人だけが受験資格を

得ることができる試験です。

先週から弁護士による3日間のゼミナールが行われていまして、今日の午前中が

3日目の研修でした。

1日目のゼミナールは、グループ研修で検討し、作成した答弁書の弁護士の考察や

懲戒解雇と退職金請求、休職・復職、退職の意思表示の瑕疵の見解。

2日目のゼミナールは、こちらもグループで作成したあっせん申請書の弁護士の考察や

労働条件の不利益変更に関する事例と配置転換の有効性の見解。

3日目は、特定社労士として、受任して良い事案かなど倫理についての研修でした。

どのゼミナールも大変勉強になりましたが、2日目の先生はめちゃくちゃあてるというか、

順番にそれぞれの意見を述べよということで、4回くらい発表の場がありましたアセアセ

緊張感が・・・ガーン

まあ、こんな感じでした。

これを乗り切ると受験資格を得れるというハードな資格なんです(笑)

さて、試験の手応えですが、頭ではわかっているけど、文書にするのは難しいなと感じました。

何が論点かは把握できましたが、問題の文字数が多く、読むのや整理するのも時間との戦いで

めちゃくちゃ焦ります。

周りのペンの音もガーン

全て埋めることができましたが、なんというか手応えが全くないですてへぺろ

この感覚は、大学受験で埋めたけど全く手応えがないのに近い気がします・・・

結果、第一志望は不合格でしたが(笑)

まあ、今回ダメでも来年チャレンジしようと思いますし、この研修で他県の社労士の先生とも

一緒に勉強ができ、仲良くなれたことは私の宝ですキラキラ

でも、やっぱり合格したいな~チュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)