社労士試験問題を解く【択一式編③】

いよいよラストです!

朝と昼休憩の時間を利用して「第52回社会保険労務士試験」の択一式問題を

解いてみました鉛筆

最後は厚生年金と国民年金の2科目です。

大手予備校の発表の前にと急いで解きましたニヤリ

結果は・・・

厚生年金【普】

6/10

※令和元年度 7/10

国民年金【易】

8/10

※令和元年度 8/10

構えて挑みましたが、厚生年金も国民年金も明らかにちゃうなってのがわかり、

意外と解きやすい問題だったと思います。

出題者はここがいいたいのね~ってのが、光って見えましたキラキラ

まとめになりますが、

選択式30点(労働一般2点)

択一式45点(足切り点なし)

となりました。

私の感想は、選択式は昨年より難化傾向で、択一式はちょい易化かなっと思いました。

で、択一式の合格ラインは44点と予想します。

4年×1000時間の勉強経験と実務でなんとか解きましたが(笑)

本試験の問題を解くのは今年で最後になると思います。

てか、もう無理タラー

そして、今年も仮に受験生だったとしたら、救済待ちでしたね。

この苦しみは・・・

2ヶ月半。。。

経験しましたので、すごくわかります滝汗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)