退職後 社会保険どうすべき?

今後、新型コロナウイルス感染症の影響により、解雇や離職を

余儀なくされる場合も想定されます。

今日は、在職中に健康保険に加入していて、退職後の社会保険の加入は、

どうしたらよいのかをお伝えしようと思います。(あくまでイメージでウインク

①配偶者(健康保険加入)などの扶養となり、健康保険の被扶養者となる。

 配偶者の会社へ届出をする。(保険料負担なし)、

②国民健康保険に加入する。

 市町村などへ届出をする。多くの方が手続きをすると思います。

 前年度の所得が保険料に反映されますので、それ次第では③の任意加入被保険者

 になる方が負担が少ない場合もあります。

③健康保険の任意継続被保険者となる。

 全国健康保険協会各支部へ届出をする。在職時給料が高かった方は、一定の基準の

 保険料の支払いになるので、場合によっては負担が軽減されます。

 (但し在職時の保険料は、事業所と従業員の折半だったが、退職後は全額負担となります。)

こんなイメージになります。

大きく分けますと3つになりますので、ご参考にしてくださいビックリマーク

詳しくは、お近くの協会けんぽ・市町村・年金事務所などにお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)