退職(自己都合)する人はどうなるんですか?【雇用調整助成金の相談】

本日も雇用調整助成金の相談がありました!

そこで、「退職(自己都合)する人はどうなるんですか?」と質問が・・・アセアセ

よし!初案件ニヤリ

最近は、初案件の方が自分の経験値が上がると内心は、うっしっししてます(笑)

愛読書である「雇用調整助成金ガイドブック(簡易版)」で調べてみると本

https://www.mhlw.go.jp/content/000636721.pdf

【一部抜粋・P6】

(1)対象労働者

① 解雇を予告されている方、退職願を提出した方、事業主による退職勧奨に応じた方

(ただし、解雇予告された日や退職願を提出した日までは対象労働者となります。) 

(解雇や退職の翌日から安定した職業に就職することが決定している方は対象になります。)

退職者でもでるんだ!

ん、最初の括弧内に何か書いてある。

んん、二つ目の括弧内にも何か書いてある。

これは一体何を言いたいんだ!?と、相談者と話していましたえー

ハローワークに問い合わせたところ「文面の通りです・・・」と

皆さんは、理解できましたか?

【要約】

退職者でも出るが、雇用調整助成金の対象となるのは、退職届を提出した日や

解雇予告日までしか助成金はでない。しかし、退職日の翌日に次の職場が決まって

就職するのであれば、提出日翌日から退職日までも助成されるって言うことですキラキラ

【例】

6/15:退職届提出

6/30:退職日

7/1:安定した職場に再就職

なら、6/16~6/30を含め、在籍期間休業した日の全てが助成ってことです。

社労士試験でも結局なんなん?がよくあったなと思い出しましたので、紹介させて

いただきました口笛

テキストや問題は最後まで読みましょう(笑)

文面通りですので・・・ニヤリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)