社労士になって変わったこと

同僚との雑談で、社労士になって変わったことは?と聞かれましたアセアセ

その時は、う~んってなりましたが(笑)

帰宅してから、冷静に考えてみると・・・

ひとつありました!!

それは「言葉の重み」ですキラキラ

これまでも話してきましたが、支援機関に勤めていることもあり、毎日経営相談を受けます。

社労士になる前は、ただの社会保険に詳しい職員で軽く?制度紹介などで済んでいました

が、社労士なったあとは、相談者からより深く詳しいアドバイスを求められます。

なぜか先生、先生と言われますしタラー

頼られるので、求められたことにお応えしたいし、頑張っているつもりですが、

言葉ひとつひとつ意識します。

相談者より「アドバイスもらった通りに書類を提出したら、ハローワークに完璧ですって

言われました。ありがとうございます!」など

感謝されたときは、本当に嬉しいです照れ

社労士として言葉に重みがでましたが、

実は裏では、実務をめちゃくちゃ勉強してます鉛筆

助成金など申請方法も全国社会保険労務士会連合会の動画やハローワークや労働局、

開業社労士さんに教えてもらったりしてルンルン

受験生時代よりも吸収しようと努力しています(笑)

皆さんも、もうすぐ社労士になると思いますので、言葉の重みがわかると思いますウインク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)